• トップ /
  • 結婚パーティーでのマナー

押さえておきたいマナー

結婚パーティーでのマナー

結婚パーティーで守るべきマナー

ある程度の年齢になれば、親戚や友人、職場の同僚などの結婚パーティーに招かれる機会も増えてきます。結婚パーティーに招待されること自体は光栄でおめでたいものですが、より結婚する二人を祝福することができるように招待される際の最低限のマナーを知っておくとよいでしょう。マナーを守ることができれば、新郎新婦をより祝福することも会場で迷惑をかけずに済むようになります。ですが、結婚式自体にあまり出席経験がなかったりすると、マナーなどについてよく知らない人もいます。そのような時は身近な家族や友人に相談してみたり、自分でマナー本などを読んで知識を得ておくと安心です。マナーとしては、当日までの出席連絡や事前の打ち合わせ、当日はご祝儀やドレスコード、新郎新婦やその家族に対する立ち居振る舞いや言動、パーティーが終了してからのアフターケアなどが挙げられます。さらにこれらの内容は状況や行われる地域によっても違いが生じてきます。基本的な内容を頭に入れた後に、パーティーが行われる地域に応じた礼儀作法や慣習などの特徴についても調べておくとよりよいでしょう。しかし、一番大切なことは結婚する新郎新婦を祝福する気持ちです。おめでとうの一言を伝えるようにしましょう。

↑PAGE TOP